事業者ローンは経営者の味方|お金で困ったら頼るサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

有利なローンを借りるには

模型とお金

住宅ローンの借り換えは、現在の住居に住み続けることを条件として別の有利なローンを借りて現在のローンを返済することです。金利に留意することは当然として、それ以外の諸経費がどの程度かかるのかも含めてローンを検討すべきです。また、場合によっては審査だけは通して金利が有利な時期に融資を受ける戦略も取れます。

もっと見る

金融業者の便利なサービス

コイン

急な出費が出た時のために、覚えておきたいのが、消費者金融の即日融資についてです。申し込みした当日に、融資が可能です。消費者金融の即日融資で用心したいのが、申し込み時間についてです。申し込み時間に間に合わないと、即日融資できなくなるからです。

もっと見る

海外旅行の必需品

男性

海外旅行の必需品として最近注目されているのが、トラベルプリペイドカードです。日本国内で事前に入金しておけば、海外でカードを使って買い物ができるのです。クレジットカードと違ってスキミングのリスクもなく、万一盗難にあっても被害額は最小限に抑えられます。

もっと見る

事業の資金調達に役立つ

紙幣

運転資金を借りる方法

事業拡大のためのまとまった資金が必要、取引先への支払いが難しいといった状況で利用できる事業者ローンは、法人や個人事業主を対象とした金融商品です。自動車ローンや住宅ローンと同じように、使用用途が文字通り事業のみに充てられることを目的としていて、事業の運転資金などに使用することができます。銀行に加えノンバンク系といった金融機関で事業者ローンは扱っていて、一般的な銀行融資に比べると利用額が少ないですが、審査にかかる時間が少なく、融資のスピードは早ければ即日でも対応してもらえるのが強みとなっています。担保や保証人の必要もなく、事業に必要な一時金を手にすることができるので、運転資金に困ったら利用を検討してみるのも良いかもしれません。

個人事業主でも利用できる

事業者ローンの利用には事業計画書や決算書の提出が必要な場合もありますが、一方で不要とする金融機関も存在します。通常は資金の使途が事業性資金となることから、計画書の提出が求められるのですが、一部でも自由に利用できるようになっている性格があるためです。金融機関による通常の融資よりも、消費者向けのカードローンに近いため、金利は高めとなっている代わりに、審査通過率は高めで総量規制の対象外となっています。キャッシング審査において個人事業主の人は、収入が安定しないことから審査通過が不安になることも多いですが、事業者ローンは事業者を対象にしていることから、個人事業主であっても利用でき、審査で不利になることはないので安心して申し込みできるようになっています。