有利なローンを借りるには|事業者ローンは経営者の味方|お金で困ったら頼るサービス

事業者ローンは経営者の味方|お金で困ったら頼るサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

有利なローンを借りるには

模型とお金

金利以外に留意すること

住宅ローンの借り換えとは、現に住宅ローンを借りている現在の住居に住み続けることを条件として、現在のローンと比較して有利な同社又は他社の住宅ローンに切り替えることをいいます。例えば、3000万円の元本で金利が固定2%のローンで現在借りているとするならば、例えば固定1%のローンを借りて当該3000万円のローンを返済し、1%の金利のローンを返済していくこととなります。この借り換えができれば金利1%分を節約できることとなります。借換えの際に留意すべきことは、やはり金利ということになります。しかし、表面の金利のみの比較ではわからない部分があります。それは、借換え手数料や保証料、さらに団体信用生命保険料が含まれるか否か、司法書士事務所の報酬額の差により借り換えに係る経費の金額により実質的な金利が変わってくるからです。例えば、金利1%と金利1.1%では前者の方が得です。しかし、経費については前者が150万円、後者が50万円であったとすれば、ローン期間が30年であっても後者の方が得になります。したがって、金利のみならず経費の金額をも比較して借り換えるローンを検討する必要があります。

審査の実務と戦略

このように金利のみならず経費も合わせて住宅ローンの選択の際には考慮すべきですが、さらに有利に借りるためにはやはり様々な情報収集と準備が必要です。まず、金利面について有利に運ぶための対策ですが、住宅ローンに申し込んで審査を通過したらすぐにその月に融資を実行しなくてもよい場合があります。審査の有効期間が1年や2年という会社もあります。その際特に固定の金利で融資を受ける場合には、融資自体は申し込んで審査を有効としてもらったうえで、住宅ローンの金利が影響を受ける10年物国債の金利が示す長期金利の動向に留意してこの金利が下がりそうなタイミングで融資を受けるという戦略を練ることが必要です。次に、経費面ですが、融資を受ける金融機関の口座を開設すること等により経費を割り引いてくれる場合もあります。きっちり情報収集して経費も抑える対策を取るとよいでしょう。